2010年3月アーカイブ

ニュースコピーサイトのYahooペナルティ


ニュースを引用または、コピーしているサイトは以前から数多くあり
それに対するペナルティも以前から見受けられる。

しかし、Yahooのアルゴリズム更新により
そのペナルティがより厳しくなったように感じます。

今回気になって調べてみたのは
Yahooニュースからリンクを貼られる『この話題に関するブログ』の部分。

ここにはそのニュース記事に関して書かれたブログ記事が紹介される。
(そのニュースついてかかれていなくても、ニュースへのリンクがあればOK)

ここで紹介されているブログを幾つか調べてみると
Yahooからペナルティを受けているものがけっこうあった。

では、一体どのくらいニュースを引用するとペナルティを受けてしまうのか??


▼ニュース記事がほとんどの場合
オリジナル文章が1,2行程度であとはニュースのコピー
このようなブログもよく見かけるのですが、調べたところ
トップページはおろか、各ページもインデックスから消されていました。
立ち上げてから間もないのかとも思いましたが
過去記事を見てみると既に2ヶ月くらい前から書き始めているもよう。
Yahooニュースからのリンクもそれなりに受けているはずなので
インデックス0はありえないはずなのですが…
完全に抹消されてしまったのでしょうか?!


▼ニュース記事とオリジナル記事が半々くらい
自分の文章もちゃんと書かれており、
同じくらいの量、またはそれ以下のニュース記事のコピーがある場合。

Yahooからトップダウンペナルティを受けているようです。
ちなみに自分のニュース引用ブログもあるのですが、
そのブログもTDPを受けております…

自分のオリジナル文章が半分以上あっても×

思うにこれは、オリジナル記事とニュース記事の比率の問題ではなくて
毎回毎回ニュース記事を引用して書いていることが問題なのでは??


▼ニュース記事へのリンクのみ
ニュース記事の引用がまったくなく、リンクだけ貼っていれば
Yahooニュースの『この話題に関するブログ』に表示されるから不思議だ。

この場合はまったくペナルティなし。
記事の引用がないのだから当然といえば当然か。

しかも一時的だが、Yahooニュースからリンクがもらえちゃう。
(SEOとしての効果は?)

■まとめ
ニュースを記事にするならば引用の量を極力減らし
オリジナル文章を豊富にする。

かつ、毎回ニュースネタを記事にしない。

要するにニュースネタしか扱っていないブログは
そのうちインデックスから消されてしまう可能性がある。

タグ

2010年3月31日

11:35 | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:SEO対策情報

Yahooでスパムサイトが上位に(・∀・)

今回のYSTのアップデートで私のサイトのいくつかが
ペナルティを喰らって圏外に飛ばされてしまいましたが、
逆に上位表示されたサイトもありました。


数年前に作成したスパム満載のサイトです(笑)

数年間圏外に飛ばされた後しばらく放置しておりましたが
今回のアップデートで2位,3位くらいまで上昇しておりました(`・ω・´)
ビッグキーワードではありませんが・・・

当時、自分SEOというものを覚え始めた頃に作成したサイトです。
その頃に通用した隠しリンクや、隠し文字がたっぷり仕込まれています。
さらにソースもめちゃくちゃで、
タグがきちんと閉じられていないところもチラホラみられます。

そんなサイトがなぜ今回上昇したのかは謎です。。。


ただ、気になるところは、そのサイトには「index.html」が存在しないことです。
当時まだ、サイト作成の知識もなくindex.htmlの存在を知りませんでした。
そこでトップページだから「top.html」でいいや、というふうに名前を付けていたのです。

通常ならば「index.html」があり、その下に各ページがぶら下がっているイメージですが、
そのサイトは「index.html」がないため、すべてが子ページとなりそうです。
そして、私は相互リンクをお願いするときに、当然、自称トップページの「top.html」にリンクを貼ってもらってました。
それはヤフーから見ると、子ページにリンクが集まってるように見えるのかもしれません。。。

やはりYahooさんはTOPページよりも、各ページを被リンクを重要視しているのでしょうか??
もうしばらく検証してみたいと思います。

ちなみにそのサイト、Googleでは20位前後におります(・∀・)

タグ

2010年3月18日

12:27 | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:SEO対策情報

Yahooのペナルティ(TDP)から復帰(・∀・)

今日サイトをチェックしたところ
ペナルティを喰らっていた1サイトが無事リカバリしていました。

復旧させようとアレコレ試行錯誤した結果がよい方向で表れたため一安心。
復旧の原因がSEOを改善したためか、単にYSTが不安定だっただけなのかは分かりませんが
備忘録として、今回いじった内容を書き残しておこうと思います。


■キーワードを3%以下に
今まで対象キーワードを5%以下に抑えていたのだが
5%では多いとの噂がチラホラとネット上で囁かれていたため
さらにキーワードを削り3%以下まで減らしてみました。
キーワードをムリに増やそうとして、文章がおかしな感じになることはありますが
逆に減らそうとして違和感のある文章になるのは初めてです。

■同じ文章を何度も使わない
ネットで情報を集めていると<H1>タグを使うとスパムになる、との噂もありますが、これは間違いだと思ってます。
<H1>タグは見出しとして認められた機能、それをスパムにするのはナンセンスです。
Yahooのトップページでもちゃんと使われております。
(ちなみにYahooのトップページは<H1>タグの中身が画像のみで文章がありません!!)

問題なのは<H1>タグの中身、文章の問題だと思ってます。
修正前のソースはタイトルタグ、H1タグ、パンくずリスト、フッター部分に同じ文章が使われていました。
要するにH1タグにタイトルを使っていたのです。
よくよく考えるとタイトルと見出しがまったく同じというのは違和感があります。
そこで、文字の並びや接続詞等を修正し、まったく同じ文章を使わないように変更しました。


■コピペ部分を削除
TOPページのコンテンツの一部にニュースの引用部分があったので、そこのソースを削除。
ニュースコピペだけのサイトも存在するので、これはあまり影響がないとは思いますが、
コンテンツとしてはあまり必要のないものだったので思い切って削除。


■トラックワードを削除
キーワード・アクセス解析のツール、トラックワードを削除。
もともとこのツールの導入目的はアクセス解析などではなく
検索されたキーワードで、トラックワードのサイトから被リンクが得られるからだった。
惜しい気もするが、被リンクとしての質を考えるとなくてもよい


とりあえず今回修正したのはこの程度。
これと同じ物をこのリンク集にも行ってみようと思います。

それで無事にペナルティ解除されるとよいのですが。。。(´・ω・`)

タグ

2010年3月16日

11:21 | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:SEO対策情報

YahooのSEO対策はナチュラルリンクが大事?!

Yahooで検索をしていて気づいたことだが
トップページではなくて、個ページが上位に表示されているケースを
多く見かけるようになった気がする。

それなりのビッグキーワードでも
「www.〇〇〇.com」のようなページではなくて
「www.〇〇〇.com/×××.html」が上位に来ていたりする。

以前にもなかったわけではないのだが、
今回のアップデートでもそれが顕著に表れているようだ。


これはYahooがナチュラルリンクを重要視しているためと推測できる。

ここでいうナチュラルリンクとは
相互リンクに対する「一方向なリンク」という意味ではなく、
ごく自然に貼られたリンクの意味。
(相互リンク不要のリンク集に一括登録した場合、被リンクのみ受ける一方向なりんくであるが、これはナチュラルリンクではない)


例えば、ネットで役に立つ情報が載せられたページを見つけた場合
そのページを紹介しようと思って自分のサイトにリンクを貼るとする。

そのとき、どのページをリンクするか考えた場合、わざわざTOPページをリンクするだろうか?
恐らくはその役に立つと思ったページに向けてリンクを貼るだろう。
ただし、そのサイト自体がとても有用であると感じた場合はTOPページに向けてリンクを張るかもしれない。

つまり、ナチュラルリンクではTOPページと同様に個ページにも十分なリンクが貼られているべきなのである。
逆にいうと、TOPページのみやたらとリンクの多いサイトは
SEO対策としてリンクを集めていると認識される可能性が高いのだと思う。

さらに加えると、アンカータグの文字列が全て同じであるのも不自然である。
ナチュラルリンクの場合、自由にリンクを張る為、ある程度リンクテキストがバラけるのが自然といえそうだ。


要するに、さまざまなな言葉(といっても関連性のあるワード)でそれなりにリンクを受けている子ページの評価が高く、
そのような子ページを多く持っているトップサイトも評価が高くなる・・・

のではないでしょうか??

タグ

2010年3月15日

14:39 | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:SEO対策情報

Yahoo検索アップデート→スパムへ(*´Д`)

3月11日YSTのアルゴリズムがアップデートされたようです。

「Yahoo検索スタッフブログ」にも書かれています。
http://searchblog.yahoo.co.jp/2010/03/yahooindex_update.html

で、更新の結果、自分のサイトですが・・・

スパム扱いされてしまったようです(*´Д`)


とくにイジッてはいないのですが。


そして、スパムになったのは
このサイトだけではなくて
このドメインのサブドメインとすべてのようです(*´Д`)

ドメインごとペナルティですか・・・


何が原因かはさっぱり分からない。


ただいくつかのブログを確認してみると
どうやら今回の更新では悪質な被リンクを得ているサイトが
大幅に消えてしまっているらしい。
有料でリンクを買ったりとかね。


と、すると心当たりがあるのは
「KEN SEO勉強会」の被リンク獲得ソフトか?!

気になったのでソフトの一つ「裏反撃」で
被リンクの大元となっているサイトを調べてみた。

「depth:0 site:ドメイン名」でYahoo検索。

が、やはりトップページが一番上に出てこない。
どうやらスパム扱いになっているのは確かなようだ。。。


というわけでスパムからの脱却は
この被リンクをインデックスから削除する必要があるのだろうか・・・

タグ

2010年3月12日

23:26 | コメント(0) | トラックバック(0)

カテゴリ:SEO対策情報

このページの先頭へ